金を売るときの業者の選定ポイントは?

金製品としての価値を考えるのが大切

金を使っている様々な製品を売って現金にしたいというときにはどのタイプの業者に売るかをまず考えるのが大切です。金の価値が高いから金買取業者に依頼するというのは単純でわかりやすい発想ですが、もしかすると他の業者の方が高く買ってくれるかもしれません。金製品にはアクセサリーや時計などのように、それ自体に製品としての価値がある場合がよくあります。それが市場で人気になっていれば金として売るよりも製品として売ったほうが通常は高く売れるのです。金を売るときの業者の選定ポイントとして、まずは金製品としての価値と、金としての価値を比較してみることが重要になります。その上で金として売ったほうが良いとわかったら金買取業者を比較吟味すれば良いのです。

金買取業者に依頼するときのポイント

金買取業者に売ると決めた場合には、高く売れるようにするには大まかには二つのポイントがあります。一つ目はマージンの少ない業者を選ぶことです。金相場は決まってしまっているので金製品の金としての評価額はどの業者でも基本的には同じになってます。問題になるのはマージンが大きいほど買取価格が下がるということなのです。二つ目に重要なのが金の重さを正確に測ってくれているかどうかを確認することであり、予め自分で秤量しておくと安心できます。どちらも買取の見積もりを出してもらうとよくわかるので、複数の業者に依頼して見積もりを比較してみるとどの業者で売るのが最も合理的かがわかるでしょう。この二つを押さえておけば大きな失敗はありません。